名義変更

 名義変更

Ⅰ.名義変更とは

車を個人間で購入したとき、あるいは誰かから譲り受けたときは、車の名義変更をする必要があります。(名義変更は、正式には移転登録といいます。)名義変更は陸運支局又は自動車検査登録事務所(軽自動車は軽自動車検査協会)で手続を行います。もしご自身で手続ができない場合には、販売店や代行業者に依頼することもできます。自動車の名義変更手続は、道路運送車両法という法律に基づき、新所有者に義務づけられています。名義変更は、15日以内に手続をしなければならないと定められています。

 

Ⅱ.普通自動車の名義変更に必要な書類

 

旧所有者が用意するもの
・印鑑証明書(発行後3ヵ月以内)
・委任状(実印)
・譲渡証明書(実印)
・自動車検査証(車検証)

新所有者が用意するもの
・印鑑証明書(発行後3ヵ月以内)
・委任状(実印) 
・自動車保管場所証明書(発行後1ヵ月以内のもの)

     

※譲渡証明書には、旧所有者の印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
※各々の委任状には、各々の印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。
 (新所有者本人が申請する場合、委任状は不要)
※車庫証明書は、車検証の「使用の本拠の位置」に変更が発生しない場合は不要です。
 (同居している家族間での名義変更や、ローン完済による所有権解除などの場合)
また、下記に当てはまる場合は別途書類が必要となります。
・新所有者・新使用者を異なる名義で登録する場合
・車検証記載の旧所有者の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
・ナンバーに希望する番号や図柄がある場合
・ナンバープレートを紛失・盗難などで返納できない場合
・未成年者が新旧所有者に含まれる場合
・所有者の方が亡くなられた場合(相続)

 

Ⅲ.名義変更の方法

売買や譲渡などによって自動車の名義が変わる場合には、新たに自動車を使用する住所を管轄する運輸支局で、名義変更手続を行う必要があります。
ここでは名義変更手続をご自分で行われる方向けに、運輸支局での流れや注意点などを掲載しています。
下記の名義変更を行う前準備と名義変更当日の流れより、要点をご確認下さい。掲載内容は地域によって若干違いのある場合がございます。
名義変更を行われる前に予め、管轄の運輸支局にご確認下さい。
@必要書類の準備・・・名義変更に必要な書類を準備します。
A管轄の運輸支局の確認・・・手続を行な運輸支局の場所を確認しておきます。
B希望ナンバーの申込み・・・希望する番号や図柄がある場合は申請します。(ナンバー変更のある場合のみ)
※ナンバー変更がある場合は、運輸支局に車両を持ち込む必要があります。

・登録窓口の受付時間
 午前8:45〜11:45、午後1:00〜4:00
・運輸支局の業務時間
 午前9:00〜12:00、午後1:00〜4:00
・運輸支局の休日
 土日祝 及び12月29日〜1月3日

<1>運輸支局で用紙の入手・作成
@申請書1号様式
A手数料納付書
B自動車税・自動車取得税申告書
入手した用紙に必要事項の記入を行っていきます。記入方法は、運輸支局内に見本等の記載がありますので、そちらをご覧頂きながらご記入下さい。
ナンバーの変更を伴う場合で、希望ナンバーや図柄ナンバーを事前に申請していた場合は、運輸支局内の希望番号予約センターで「希望番号予約済証」を受け取り、申請書(第1号様式)の「希望自動車登録番号」欄に番号をご記入下さい。
<2>登録手数料の支払い(印紙の購入)
運輸支局場内の印紙販売窓口で、移転登録手数料分の印紙を購入します。購入した印紙を手数料納付書に貼り付けます。

移転登録手数料
運輸支局で名義変更を行う際に必要な手数料として、500円かかります。
車庫証明書の取得費用
車庫証明の申請時(保管場所証明申請手数料)2,000円〜2,500円程度及び発行時(保管場所標章交付手数料)に500円かかります。都道府県によって、手数料に若干差があります。
ナンバープレート代(変更がある場合)
名義変更により、現在付いているナンバーが変わる場合は、ナンバープレート代が、1,500円程度(地域差があります)かかります。

<3>運輸支局窓口に書類の提出
書類一式を運輸支局窓口に提出します。こちらで不備がなければ、新しい車検証が交付されるまでしばらく待機します。
<4>車検証の交付
窓口で名前(または整理番号)を呼ばれ、新しい車検証の交付を受けます。
交付された車検証に記載ミスなどがないか、必ず確認を行って下さい。
<5>税金の申告
運輸支局場内の自動車税事務所などの税申告窓口に、作成を行った自動車税・自動車取得税申告書と車検証を提出します。
自動車取得税がかかる場合は、こちらで計算が行われ金額が提示されますので、続けて納税を行って下さい。
ナンバーの変更を伴わない場合は、こちらで名義変更は終了となります。
<6>ナンバーの返却(ナンバーの変更を伴う場合)
運輸支局場内のナンバー返納窓口に、ナンバープレートを返納します。ナンバープレートを外す為のドライバーや、外し方(リアナンバーの封印の破き方)については、返納窓口に用意されています。
<7>新しいナンバーの交付(ナンバーの変更を伴う場合)
運輸支局場内のナンバー交付窓口で、新しいナンバープレートを購入します。ナンバープレートと一緒に取り付けるビスなどを受け取りましたら、自動車に取り付けて下さい。
希望ナンバーや図柄ナンバーを事前に申請していた場合は、こちらでナンバープレートを受け取って下さい。
<8>ナンバーの封印(ナンバーの変更を伴う場合)
最後に取り付けたナンバープレートに封印を行ってもらいます。車検証と自動車が同一のものと確認されると、リアナンバーに封印がされます。
以上で、名義変更が終了となります。

 

 

名義変更記事一覧

◇使用の本拠の位置使用の本拠の位置とは、自動車を使用している方の拠点のことです。通常、一般個人の場合は住んでいる住所が使用の本拠の位置となり、法人の場合は事務所や営業所の住所が使用の本拠の位置となります。車検証の「使用の本拠の位置」という欄に記載された住所が、使用の本拠の位置です(「***」と記載がある場合は、使用者と同一の住所という意味です)。こちらの使用の本拠の位置によって、ナンバ...

◇希望ナンバー(1)希望ナンバーとは希望ナンバーとは、自動車のナンバープレートに自分の希望する番号を選び、作成したナンバーのことです。この希望ナンバーは、1999年5月より全国で実施されている、希望ナンバー制度を利用することによって取得することができます。(2)希望ナンバーの対象車両希望ナンバーの対象車両は、自動車(自家用・事業用)と、軽自動車(自家用)です。軽自動車(事業用)とバイク...

◇自動車取得税(1)自動車取得税とは自動車取得税とは、売買などで自動車を取得した取得者に対して課税される税金のことです。税率は、新車で購入した場合と中古車で購入した場合で異なり、また中古車の中でも、新しい年式の場合と経過年数が経っている場合で異なります。自動車取得税の課税対象車両は、自動車と軽自動車です。消費税が10%に上がるタイミングで、この自動車取得税は廃止され、新たに環境性能割(...

page top